株式会社DIT

耐震・制震装置

DIT制震筋かい金物とは

DIT制震筋かい金物は、第一工業大学・横浜国立大学が開発した高減衰ゴム付きの壁倍率2倍用筋かい金物です。筋かいの損傷を防ぐ効果を発揮して、本震にも、その後の余震や繰り返しの地震にも強い家づくりを、優れたコストパフォーマンスで可能としました。

耐震に不可欠筋かい金物に、制震機能をハイブリッド

耐震+制震のメカニズム


金物は二重構造。地震の揺れで筋かいが引っ張られると上下6カ所のブリッジ部が粘り強く受け止めて倒壊を防ぎ、筋かいの損傷も抑えます。


二重構造の内部には高減衰ゴムを充填。地震エネルギーを効率的に吸収して建物の倒壊を防ぎ、筋かいの損傷も抑えます。

※軽減する揺れ幅は、建物形状、配置プラン、地震波によって異なります。

DIT制震筋かい金物の動きを検証!

筋かいに接している面のみ引っ張られるため、筋かいに接しているビスと、接していない穴の位置がずれます。

桁・胴差と柱が水平方向に移動し、筋かいが引っ張られると金物のブリッジ部分と高減衰ゴムが変形し、地震のエネルギーを吸収します。

高減衰ゴムの耐久性は60年。メンテナンス不要です。

DIT制震筋かい金物で採用されている高減衰ゴムは、促進劣化試験により60年の耐久性を確認済み。
金属と高減衰ゴムの接着強度の基準値もクリアしています。

試験内容
20℃-60年相当の促進劣化条件に基づき、促進劣化(熱劣化)処理を行ったゴムと劣化前のゴムにて各種試験を実施。

試験結果より、高減衰ゴムは60年 相当、性能が著しく低下することはないと判断できます。

ゴムには「一般ゴム」と「高減衰ゴム」があり、一般ゴムの球と高減衰ゴムの球を同時に同じ高さから落とすと、一般ゴムは弾むのに対し、高減衰ゴムはほとんど弾みません。これは、高減衰ゴムが落下の運動エネルギーを熱エネルギーに変換し、衝撃を吸収するためです。

 ●ホールダウン金物(アンカーボルト)との干渉を考慮し内使いを推奨とします。



2倍用筋かい金物としての評定取得済み
ハウスプラス確認検査(株)評定書HP評定(木)-15-004

開発元
第一工業大学・横浜国立大学

評定書HP評定

DIT制震筋かい金物 取り扱い説明書(内使い用・外使い用)

DIT制震筋かい金物(壁倍率2倍用) 設計・施工マニュアル vol.2

PAGE TOP