株式会社DIT

手間を軽減

従来の筋かい金物と同様の設計・施工をするだけだから
従来の制震装置と比べて手間を軽減できます。

1. 特殊な加工・施工は一切なし

施工は既存の筋かい金物と同様にビスどめするだけ。一人での作業が可能ですのでスムーズに作業を進めることができます。また、構造材に制震のため特殊な加工を施す必要もなく、施工の手間がかかりません。普段通りの筋かい金物の施工をするだけですので、大工さんに負担をかけません。

2. 設計変更の必要なし

これまでの制震装置は、設置できる壁がなかったり、設置するのに壁の位置などを変更しなければならない場合がありました。
しかし、筋かい金物と一体の「DIT制震筋かい金物」であれば、従来の筋かい金物を設置する箇所にDIT制震筋かい金物を設置するだけ。設置の制約がなく、設計変更が一切不要です。また、急なプラン変更があっても耐力壁の移動に合せて金物も移動するだけ。設置位置等を検討し直す必要はありません。

省令準耐火にも対応

省令準耐火仕様にするための特別な施工は必要ありません。従来通り施工していただけます。

3. 少ない部品点数でカンタン施工

DIT制震筋かい金物は、本体と柱側ビス、筋かい側ビスの計3種類で施工が可能。少ない部品点数で作業手順もいつもの筋かい金物と同じです。また、現場ではビスの打ち損じや紛失に備えてビスの予備を準備されている場合もあります。DIT制震筋かい金物は、当社製の他の製品でも採用しているビス(CPQビス)で接合するため、余計なビスの在庫を持つ必要がなく、資材管理が省力化できます。

PAGE TOP